新型コロナウイルス感染拡大防止対策

  • 2022.03.27
  • プラサヴェルデ 新型コロナウイルス感染防止方針について(2022年3月27日更新)

    プラサヴェルデでは、「静岡県 まん延防止等重点措置解除後の当面の対応(令和4年3月18日)」(https://www.pref.shizuoka.jp/kinkyu/kaijo_taiou.html)に基づき、新型コロナウイルス拡大防止対策を次の通り実施します。ご理解とご協力をお願いいたします。


施設利用・催事開催に関する制限等【2022年3月27日更新】

当面の間、催事上限人数を、「5,000人以下かつ各施設の収容定員の100%以下(大声なし)または50%以下(大声あり)の人数」とする措置を継続します。

  • 催事開催にあたっての上限人数や収容率は、制限の範囲内であっても主催者が個別の催事の態様に応じて感染リスクを軽減するために、自主的に制限を設ける等の判断・対応をしてください。
  • 会議室は、収容人数の50%の椅子が設置された状態を原状レイアウトとします。催事により椅子の増減がある場合は、制限の範囲内において主催者で対応をお願いします。
  • 今後のご予約につきましては、感染拡大状況や社会情勢に応じて制限が設けられる場合があります。利用制限の可能性を踏まえた利用計画を検討してください。

感染防止レイアウト【2020年7月10日更新】

コンベンションホールA・Bご利用時のレイアウトにおいて、新型コロナウイルス感染症対策下での密にならない参考レイアウト(スクール形式・シアター形式)を作成しています。

※施設の概要・参考レイアウトに関しては「施設案内ページ」をご確認ください。

プラサヴェルデ 新型コロナウイルス感染症 感染防止方針

区分 主な感染防止対策
密閉対策
  • 法令基準を満たす機械換気を実施し、利用開始時間の1時間前に空調運転を開始し、利用終了後1時間、空調運転を延長することで室内の換気を行います。
  • 個別空調式の施設では、毎時2回以上(30分に一回以上)、窓やドアを開けた換気を利用者に行っていただくよう主催者に励行します。
密集対策
  • 施設の利用は主催者及び参加者を含めて5,000名以内とします。
  • 各施設の収容人数の定員を100%以下(大声なし)または50%以下(大声あり)の人数とします。
  • 当面の間、密集防止のため、コンベンションぬまづ201小会議室の分割での利用およびキラメッセぬまづ会議室1・2の利用を停止します。
    上記に伴い、201小会議室半面利用のウェブ上からの空き状況閲覧と仮予約も当面の間停止します。
  • 館内の混雑を防止するため、やむをえず入館を制限し、館外やロビーでお待ちいただく場合がございます。
密接対策
  • 受付窓口にビニールカーテンを設置します。
  • エレベーターの定員を1/5(4名)までとし、エスカレーターは前の人と5段以上離れて利用するよう呼びかけを掲示する等します。
衛生対策等
  • ホールA・B で催事を行う主催者を対象に無償でサーマルカメラ(体表面温度計測用カメラ)を貸し出します。
  • 入口及び館内に、来館者用の手指消毒液を設置します。また、来館者に消毒や手洗いの呼びかけを行います。
  • 館内のドアや机、椅子など来館者の手が触れる箇所の消毒や清掃を強化します。
  • スタッフはマスクを着用して対応します。また、手洗い・手指の消毒、検温等による体調管理を励行します。
  • 主催者へ催事開催に向けたチェックシートを配布し、催事により衛生対策等の実施について確認を行います。

【来館者の皆様へのお願い】

  • 来館される際にはマスクの着用をお願いします。マスクは主催者やお客様においてご用意をお願いします。
  • 入館時の手指の消毒やこまめな手洗いにご協力ください。
  • 館内や会場内では他のお客様と密にならないよう間隔をとっていただきますようお願いいたします。
  • 発熱又は風邪の症状がある場合には来館をお控えください。また、そのような状況が見受けられた場合、スタッフがお声を掛け、退館をお願いする場合がございますのでご了承ください。
  • 館内の混雑を防止するため、やむをえず入館を制限し、館外やロビーでお待ちいただく場合がございます。ご迷惑をお掛けしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。

【主催者の皆様へのお願い】