総合コンベンション施設プラザヴェルデ

ご来場のお客様

施設ガイド

ふじのくに千本松フォーラム
(愛称:プラサヴェルデ)は
複合一体型コンベンション施設です。

プラサ ヴェルデは2014年にグランドオープンした静岡県内最大規模の複合コンベンション施設です。 立地はJR沼津駅北口より徒歩3分。2つのコンベンションホール、14の会議室、面積3875㎡の展示イベントなどの利用に適した多目的ホール、150室の客室を有するホテルで構成されています。 会議、展示、宿泊が一体となっているため、効率の良いコンベンションが開催可能です。

  1. 会議場・展示場・ホテル一体型の複合施設
  2. 同時通訳ブースも設置できる、国際会議に対応する同時通訳ブースの設置が可能。
  3. 絵画展・写真展の開催が可能なコミュニケーションスペースも完備
  4. JR沼津駅北口 徒歩3分
  5. スロープ、無線LAN、屋根付き通路等のユニバーサル設計
  6. 充実したアフターコンベンション

◎写真をクリックすると詳細へジャンプいたします。

コンベンションホールA
コンベンションホールB
会議室
301・302・401・402・407
小会議室
201・403~406・408・409
多目的ホール
市民サロン
プラサ ヴェルデ ギャラリー
(市民ギャラリー)
会議室 1・2